思春期ニキビはこれで卒業!思春期ニキビケアランキング

思春期に悩みがちなニキビ予防の洗顔料について、ランキング形式にまとめました。
テレビでもおなじみの商品から、これから人気になりそうな商品まで、ぜひ参考にしてください。

ニキビの予防と正しい洗顔方法

洗えば洗うほどよくなるわけではない?

よく、洗顔はしっかりしなさいと言われると思います。
ただ、それがどの程度なのかが難しいですよね?毎朝毎晩、洗っても全然良くならないこともあります。
それは原因が複合的な場合なので、注意が必要ですが、
洗顔は基本を守ればニキビ予防ができるのではないでしょうか。
このコラムでは、正しい洗顔の基本をご紹介していきます。

まずは手洗いで手を清潔にしましょう

意外とこの手洗いは洗顔のときに忘れられがちですが、洗顔料の泡立ちにもとても大事です。
手をきれいにすることでしっかりと泡立てた洗顔ができます。

素洗いでさらっと顔を洗いましょう

次に素洗いですが、ぬるま湯で顔表面の汚れを落とすように洗い流しましょう。
髪の毛を洗うときのシャンプー前に簡単に流すのと大体同じ作業です。

洗顔料で顔を洗いましょう

ここで洗顔料をしっかりと泡立てて洗いましょう。
肌の部位によって力がかかりすぎると圧迫感を肌が感じてしまうので、優しく丁寧に洗いましょう。
顔の中心部分から洗い始めて、髪の毛の生え際やフェイスラインに向かって洗顔をしていきましょう。
そうすることで泡の洗い残しを防ぐこともできます。

洗い流しましょう

顔をこすったり、強く触ったり、ゴシゴシと洗うようなことはなく、
何度もぬるま湯や水をかけて洗いましょう。
このときの水温を高くしてしまうと必要以上に皮脂を洗い流すことになり、
油分不足の状況を作り出してしまうので注意してください。
おでこやあご、フェイスラインは特に洗顔料の洗い流しが残りやすいので、
こちらも十分に優しく洗い流してください。

顔の水気を取りましょう

柔らかい未使用のタオルを顔に押し当てるようにして水分を拭き取りましょう。
このときに何度も利用しているタオルを使ってしまうと肌に菌がついてしまい、
ニキビの原因になってしまいます。
また、強く擦らないことも大切です。肌はデリケートなので優しく扱いましょう。
これらの工程を完了させたら、肌質に合わせて、化粧水や乳液を利用し、
しっかりとケアをしてください。
正しい洗顔で洗顔料の効果を高めて、ニキビケアをしっかりと行いましょう。
ページトップへ