思春期ニキビはこれで卒業!思春期ニキビケアランキング

思春期に悩みがちなニキビ予防の洗顔料について、ランキング形式にまとめました。
テレビでもおなじみの商品から、これから人気になりそうな商品まで、ぜひ参考にしてください。

思春期ニキビの特徴とは

ニキビには、大きく分けると思春期ニキビと大人ニキビと2種類があります。
それらは原因も出来る場所自体も異なるものです。
思春期ニキビとは、10代の思春期に男女問わず発生するニキビです。 成長期においては、皮脂の分泌が過剰になってしまうのが主な原因と言われています。 思春期の頃は、大人の身体を作るために成長ホルモンが豊富に分泌されます。

元来、成長ホルモンというのは皮脂腺を刺激することによって皮脂を過剰に分泌する働きをしています。そのため、毛穴が詰まりやすくなってしまい、それが原因でアクネ菌が繁殖することで思春期ニキビが出来てしまうのです。このような思春期ニキビはホルモンバランスが正常になる20代前半に突入すると治ることがほとんどです。

大人のニキビの特徴とは?

大人ニキビとは、10代の思春期を過ぎて十分に大人になった成人に出来るニキビのことを指しています。大人ニキビの原因自体は思春期ニキビほど単純ではなく、様々な原因があると言われています。飲酒や喫煙、睡眠時間、食生活の乱れ、ストレス、ホルモンバランス、化粧品、スキンケアなど一つの原因だけではなく、複合的な要因が絡まり合って大人ニキビを引き起こしているケースもあります。 そのため、一人ひとり原因が異なるために対策も難しいのが特徴です。

ある有力な説ではストレスや不規則な生活習慣がお肌のターンオーバーを見出し、大人ニキビを発生させていると言われています。 ターンオーバーのリズム自体は人によって異なりますが、これが乱れることで角質が厚くなって大人ニキビを発症しやすくなるのです。

1年間でできやすい季節

春から夏にかけてできやすくなります。
なぜこの時期かというと、皮脂の分泌が増えるためです。
特に夏の紫外線を浴びることで、角質が厚くなってしまいます。
それがキレイにならないと毛穴のつまりやニキビの原因になってしまう場合が多い様です。
また、季節の変わり目も注意が必要です。しっかりと洗顔、保湿と清潔さを保ってください。

思春期ニキビと大人ニキビの違い

思春期ニキビと大人ニキビの違いは、原因以外にも、出来る場所にも違いがあります。 思春期ニキビの場合、皮脂の分泌が主な原因となっているために、出来る位置もひたいや鼻などの皮脂分泌が非常に多いTゾーンから頬にかけてと幅広い場所に発生することが特徴です。

一方で、大人ニキビの場合には、あごやフェイスライン、首筋などのUゾーンに発生しやすいと言われています。

思春期ニキビと大人ニキビは改善策も異なります。 思春期ニキビの場合には、皮脂分泌が原因となるために、皮脂の量と水分量を適度な状態に保つことが重要で、大人ニキビの場合いは、生活習慣を見なおしてストレスがかからない生活や健康な食生活をすることが大切になります。

ページトップへ